MENU

爪水虫

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

 

「気づいたら爪がボロボロ!かゆみがひどい」

 

このように爪水虫は自覚症状の乏しい症状として知られています。
ただ意外に世間の認知度は低く「たかが水虫」、水虫で病院に行くのはさすがに面倒、という方も多くいらっしゃいます。

 

爪水虫は痛いというほど痛いというわけではありませんし、下手すれば自覚症状がない程度のものです。

 

 

しかし、爪水虫は自然治癒はほぼしません。

 

 

というのも、爪水虫の元である白癬菌は高温多湿を好み、硬いタンパク質である爪に覆われているため、お風呂や洗剤では洗い流されないばかりか、増える傾向にあります。靴下を長時間吐いたりするとさらに症状が進みます。

 

症状が進むと爪がさらにボロボロになったり、厚くなってしまったりするばかりか、最悪の場合剥がれ落ちてしまうといったことにもなりかねません。

 

でも、病院に行くと金銭的も負担になるし、そもそもそんな時間がないという方も多いのではないでしょうか?

 

では、そんな爪水虫を自分で治すにはどのようなことをすればよいのでしょうか?

 

1.信頼できる爪水虫専用のものを使用する

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

最近の爪水虫薬には市販薬でも優秀なものが少なからず出てくるようになりました。この時に普通の水虫の薬は買わないように注意をしましょう。というのも水虫の薬は障害物(爪)の計算をされておらず、病原菌に直接塗布できるのであれば効果覿面なのですが、皮肉にも爪に保護されているため薬剤が十分に届きません。

 

理論上は爪をはがして水虫のいる場所に塗布できれば効くということにもなりますが、それよりは爪水虫用の薬を使ったほうが精神的にも費用的にも優しいでしょう。

 

2.爪水虫の嫌がる環境を作る

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

水虫である白癬菌は高温多湿を好みます。
靴下の中であるとかお風呂であるとかそういった温度や湿度を上げるところに長時間いることで症状が進行します。

 

靴下でも患部と別の部分を分けるために五本指ソックスにしたり、特別通気性の良いソックスを選んだりなどすることで乾燥・清潔を意識するようにしましょう。

 

3.人に移らないようにする

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

水虫の菌である白癬菌は人に感染します。感染経路は主に足で触れた場所になるため、靴下などはもちろんですが、スリッパ、靴、足ふきマットなど爪水虫になっている個所がふれたものはすべてが対象です。

 

特に気を付けたいのが入浴。

 

入浴することにより白癬菌は死なず浴槽に漂うことになるため家族に感染する恐れがあります。治療中はシャワーだけで済ませたりするか、最後に入浴し白癬菌が弱る40度以上の熱湯で浴槽を綺麗にすることで感染リスクを下げることができます。

 

洗濯物に関してはほとんど流れ落ちてしまうので神経質に家族とは別に洗うまでの心配はないようです。

 

洗濯をする際にはしっかりと洗濯機で洗うようにするのはもちろんですが、干すときにはしっかりと裏返しにして直射日光で滅菌させるようにするようにしましょう。

 

4.とにかく清潔にする

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

爪水虫が一番うつりやすいのはどこか、といえば患部の別の指です。

 

ただ、爪水虫の元となる白癬菌が感染するまでは24時間ほどあるといわれていますので、一日の終わりの入浴時に足を綺麗に石鹸などで洗い流すだけでも感染リスクを下げることができます。

 

抜群の効き目のおすすめの爪水虫市販薬はコレ!

 

クリアネイルショットの特徴

東証一部上場企業が発売する爪水虫専用のケア商品です。
爪水虫になったときに最大の問題になるのが「爪」

爪はタンパク質でできており、普通に水虫の薬を塗布しても中まで浸透しません。
ですので、元である白癬菌を滅菌できないため治ることはないのです。

そんな中、クリアネイルショットは、爪に浸透することを主眼においた成分を開発し、その評価結果は医学誌『医学と薬学』でも評価試験の実施内容を掲載しています。

方法も入浴後に一日一回爪の上から塗るだけと非常に簡単なことも話題になり、売り切れが続出しました。一時期はあまりの人気ぶりに転売で値段が吊り上がっていたほどです。

クリアネイルショットの最大の利点はただ水虫菌を死滅させるはもちろんですが、爪のコンディションをサポートし、健康的な爪の育成や爪全体の保護、保湿成分も入っているため、しっかりと健康な爪に生え変わるまでだけでなく、美しい爪に戻すためにも使えるところです。

そして、東証一部上場企業の信頼の下、全額返金保証を行っています。
爪水虫商品は、効くか効かないかが不安な商品ですので、この制度はありがたいですね。

ケアに時間をかけられない、効くかどうか不安、そんな方にこそ試していただきたい商品になっています。

 

クリアネイルショットのポイント!
  • 東証一部上場企業が発売
  • 全額返金保証
  • 医学誌『医学と薬学』に評価試験の実施内容掲載
  • モンドセレクション金賞受賞
  • 専門スタッフによる無料カウンセリング
  • 爪の上から塗って浸透する爪水虫専用ケア商品
  • 一日一回入浴後に塗るだけの簡単ケア
  • 月当たり最大2640円と高いコストパフォーマンス

口コミ
他の爪水虫の薬は結構面倒なので、これはらくちんですね。あと価格もかなり安いので続けやすい。だんだんと自爪がきれいに生え変わってるのでいうことはありません! 29歳/男性
爪水虫は病院の内服薬で治療していましたが、薬が合わず途方に暮れていたところに見つけたのがこの商品です。入荷まで結構待ちましたが、待った甲斐はありました。全額保証を使いたいのでお試しコースにしましたが、3か月コースにしておけばよかったと後悔しました。おすすめです! 34歳/女性
ジェル状だから垂れないので脱脂綿などを使わなくていいのと、一日一回だから楽ですね。働くサラリーマンのことをよく考えられている製品だと思います。 45歳/男性

価格 2640円
評価 評価5
備考 年間コースで20%、3か月ごとで15%、お試しコースで10%OFF
 

Dr.G’s_クリアネイルの特徴

爪水虫専用の新成分を配合した副作用の心配がない、爪水虫専用の外用薬で、Dr.Gとこと、Kenneth B.Gerenaich博士が開発した商品です。

なんといっても、Dr.G’s_クリアネイルの特徴は、“素早い浸透技術”で特許を取った唯一の爪水虫外用薬であるというと点です。

トルナフタートはという白癬菌などに効く抗真菌薬を特許取得した浸透技術で爪の中へ成分を浸透させることにより成功しました。


通常、白癬菌で起きる爪水虫ですが、アクリルネイルやジェルネイルに水が入り込むことで起こるグリーンネイルという緑色のカビ(緑膿菌)に浸食されたものにも効果があるということでネイル業界でも爆発的な人気を獲得しました。

また、チモールという爪表面からだけでなく爪と皮膚の隙間から塗布する薬剤を併用することでさらに水虫菌の除去を早めることが可能です。

なかなか、水虫が治らない、そんな方は一度クリアネイルを試してみてはいかがでしょうか?
※偽造品が出回っているため、必ず公式サイトでの購入をおすすめします。

 

Dr.G’s_クリアネイルのポイント!
  • 1日2回塗るだけ
  • 爪の上からと間からの両方でアプローチ
  • グリーンネイルにも対応
  • 外用薬だから副作用の心配がない
  • “素早い浸透技術”で特許を取った唯一の爪水虫外用薬


口コミ
グリーンネイルになってしまってどう治そうかと考えていた時に友達に聞いて知ったのがクリアネイルでした。本当に感動!こういうのを待ってました!! 29歳/女性
グリーンネイルに使えるものってほとんどないので本当に助かります。効果は私はかなりいいと思います。大体3か月くらいできれいになります。 34歳/女性
爪水虫用の薬の中で唯一信頼を置いているものです。市販薬としては少し高いのですが、その分、他のものより治りが早いです。体質上、内服薬は使えないので願わくばずっと生産されてほしいです。
38歳/男性

価格 4980円
評価 評価4.5
備考 セット購入でさらにお得に

 

自分で治すよりも皮膚科への受診を推奨

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

爪水虫はその受診にきた人の半分ほどが実は爪水虫ではない、といった診断を受けているそうです。
爪水虫は厳密には白癬菌というカビの一種が爪に入り込み爪をボロボロにしてしまう、といったことで起きています。

 

つまり、この白癬菌が原因ではない場合、白癬菌を退治するための水虫薬を使用していたところで、意味がないといった事態にもなりかねません。

 

皮膚科では、爪水虫の診断をする際に爪を一部採取し顕微鏡で白癬菌の有無を確認するそうです。つまり、医師が顕微鏡を使わなければ判断できない、といった非常に見極めずらいことなのです。

 

再発や診断後に自分で治すという場合なら問題ないかと思いますが、たぶん水虫だろう、という程度の判断であれば、まずは皮膚科への受診をするのが最善策といえます。

 

皮膚科での爪水虫の治療法はどんなものがあるの?

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

皮膚科で爪水虫と診断された場合、基本的には飲み薬での治療になります。
現在は服用することで白癬菌を死滅させるといったものもあります。ただ、爪水虫用の内服薬には肝機能に負担をかけるといった副作用があるため、肝機能が弱っている方や肝機能低下により副作用を感じる方には続けるのは困難な場合があります。

 

そういった場合は、医師の指導の下、外用薬が処方されます。この外用薬は最近では、爪の上から塗布するタイプもあるようですが、薬なため、効き方には個人差があり、市販薬のほうが良いといった意見もあります。基本的には治ることが前提なので、まずは医師の処方された薬を使うのが無難ですが、効き目が悪ければ市販薬を試してみるのもいいかと思います。

 

いずれにせよ、担当医と相談をしてみるといいかと思います。

 

白癬菌以外の爪水虫は?

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

厳密には白癬菌によるものみ爪水虫という診断ができるそうですが、爪に入り込んでしまうカビというのは存在します。
その代表的なものはグリーンネイルです。

 

グリーンネイルは、マニュキュア、ツケヅメ、ジェルネイル、アクリルネイルなどが原因で、爪が損傷してしまい、その間に水がたまり、そこが高温多湿を好むカビ菌の繁殖元となってしまうケースです。

 

ジェルネイルなどを楽しむ方には非常に頭の痛い問題ですが、これも白癬菌と同様に自然治癒は期待できません。
 
しかし、どの爪水虫用の薬でよいかというとそうではなく、真菌に効くものであることが大切です。先ほど紹介したクリアネイルなどは、このグリーンネイルにも対応しています。しかし、通常の爪水虫の薬はグリーンネイルには対応していない場合がほとんどですので注意が必要です。

 

白癬菌の爪水虫と診断されたけど治らないときは?

爪水虫を自分で治す!おすすめの市販薬はコレ!

白癬菌が陰性で、内服薬や外用薬をしっかり塗布していても治らないといったケースもあります。それは白癬菌以外の菌がいるケースです。白癬菌が死滅に向かっていても他の菌は元気なため一見治りが遅いように見えてしまうのです。

 

ただ、まずは白癬菌を滅することが優先であるとこと、爪水虫の治療期間は半年から一年と非常に気が長いためすぐに治らないからと言ってその可能性を疑うのは早いといったケースもあるようです。

 

期間が長ければ長いほど本当にこの薬は効いているのか不安になるものです。そういったときには担当医に相談してみることや、冒頭のように自分で治すポイントで自分ができることとはないかを見直すことが大切です。

 

白癬菌が増殖してしまうことをできる限り阻止できているかどうかは非常に大切なことです。

 

爪水虫は最後まで油断をしない

爪水虫は一見快方に向かったように見えてもまだ死んでいない菌があるといったことが珍しくありません。

 

内服薬ならば、しっかりと処方される期間を飲み切ることが大切です。外用薬での治療の場合は見た目がきれいになった段階で医師へ確認へ行くことも大切です。つい、この確認の作業は面倒ですし、時間も金銭もかかるため自己判断でやめてしまいがちですが、爪水虫の再発防止のためにはしっかりとお墨付きをもらったほうが精神的にも良いでしょう。

 

爪水虫は、治療期間が長いからこそ最後の詰めを誤らないように、しっかりと完治させましょう。
また、再発防止のために、毎日しっかり洗うことや清潔を心掛けることも大切です。

 

爪水虫は他の病気も呼び込んでしまう可能性や他人に移る可能性のある「治さなければならない」症状の一つです。
ぜし、自分なりの工夫と心掛けで爪水虫を治しましょう!