MENU

爪水虫について記事一覧

爪水虫とは、その名の通り爪にできる水虫のことです。水虫というと足指の指や足の指の間というイメージがありますが、爪水虫の場合はどういった障害でるのでしょうか?爪がボロボロになってしまっている爪水虫は、爪がボロボロになってしまいます。爪水虫には、爪全体が歪に歪んでしまったり、爪が膜を作ってしまうタイプや黄色などに変色したりなど様々な症状がありますが、共通した特徴は、ボロボロになり、変形し、きれいに生え...

爪水虫の治療法には様々な方法があります。特に命にかかわるわけではないため、放っておく人が多いともいわれている爪水虫ですが、自然に治癒することは基本的にはありませんので何らかの治療法を行う必要があります。では、早速爪水虫の治療法を見ていきましょう。1.病院での治療(飲み薬)爪水虫もほとんどは同じですが、まれに爪水虫ではないものや爪水虫の中でも珍しい症状がでるものもあります。市販薬での治療を望んでいる...

ネイルを楽しむうえで意識しておきたい問題の一つ、グリーンネイル。その名の通り緑色のネイル、というわけではもちろんありません。これはまるで緑色のネイルをしているように見えますが、その実は爪の中に生えたカビです。大体ジェルネイルなどをオフしたあとに気づくことが多いのですが、その症状にはどういったものがあるのでしょうか?グリーンネイルの症状は?グリーンネイルは爪の根元が緑色に変色してしまう症状です。特に...

エフゲンは大源製薬が発売する第二類医薬品です。爪水虫にも使えるということで話題を呼んでいる薬品で、30mlで2160円です。基本的には軟化、浸透、はがして抗菌といったように使うものです。使い方は非常に簡単!薬剤をしみこませた脱脂綿を足の爪ぐらいの大きさにしてエフゲンを塗布し、爪の上に置きます。そしてそのままラップで多い、サージカルテープなどで固定すればOKです。大体一年ほどできれいな足になるといわ...

爪水虫。なったことのない人からは「不潔」だからなるといわれたり、爪が汚くなってしまって人前で足を晒せなくなったり、うつるからといって家族や友人、恋人から距離を取られるなど爪水虫の世間イメージは決して良いものではありません。しかし、一度なってみればわかりますが、特別不潔なことをしてなくても、むしろ自分は最大限気を付けているにも関わらずなってしまうのが爪水虫なのです。なってしまった原因に心当たりがなく...

爪水虫は感染するのか、結論から言えば、感染します。では、感染経路について説明していきます。1.足ふきマットお風呂の温度程度では死なない水虫菌は足ふきマットにうつり、湿度と温度が最適になった足ふきマットで繁殖します。2.スリッパの共用スリッパの共用なんて普通しないでしょ?と思うかもしれませんが、一番可能性が高いのがトイレ・ベランダ・縁側など普段は使わないスリッパのしようによるものです。3.洗濯物靴下...

爪がボロボロになってしまった、変色しているなど爪水虫の兆候が出ているからといってすぐに水虫の薬を塗ってしまうのは早計です。まずは、正しい対処法について知りましょう。1.皮膚科への受診まず、本当にその症状が爪水虫であるかを医師への診断を行いましょう。皮膚科では爪の一部を採取して顕微鏡で何の菌がいるのか、本当に水虫なのかを検査をします。そんなことはしなくても水虫だからと思う方もいるかと思いますが、爪水...

爪水虫は基本的に白癬菌が存在しているものです。少なくても医師が診断するものはこの白癬菌があるものに限られます。では、世間的な意味で水虫と勘違いしやすいものにはどういったものがあるのでしょうか?湿疹・カブレ・爪甲剥離症・乾癬・汗疱・掌蹠膿疱症・掌蹠角化症・角化症このように様々似たような症状があります。爪水虫は多くの場合普通の水虫と同時に起きてしまうため、判断がしずらいため、医師での診断では、爪を一部...